サポート万全で初心者でも安心|手作りの婚約指輪

指輪

サポートも考えて店選びを

ハート

海外と日本の趣向の違い

海外と日本とでは結婚指輪の趣向にも違いがあるので、購入に際して役立てたい知識です。一般的に海外では18金をリングの素材に用いることが多く、日本では白銀、いわゆるプラチナを素材として用いることが結婚指輪では多くなります。これは指輪の製造過程が海外と日本では違っているのも影響しています。また海外では鍛造が多く、その場合は金でも強度的に問題がなくなります。日本では鋳造が多いので、強度的に問題が出やすい金よりも白銀が好まれています。さらに結婚指輪に使われる白銀は、より強度を高めるためパラジウムなどを加えています。このため強度的にも優れており、純白のイメージを好んで日本人は白銀を選ぶ人が多く見られます。

近場のお店を選ぶメリット

一生持ち続けることになる結婚指輪は、挙式での交換のときだけでなく、その後の結婚生活のことも考慮して指輪を購入することが求められます。購入後のサポートが万全なだけでなく、実際に何かトラブルがあったときにお店に気軽に通えるかどうかも、結婚指輪の購入店を決める際にはチェックしておきたい点です。近場のお店で購入しておけば、サイズ直しが必要になったときや、石など取れてしまったときも、すぐにお店に相談できます。相手の職業についても考慮が欲しいところです。例えば結婚相手が看護師や医師の場合、手袋を職場でしますから立て爪があるタイプの結婚相手は仕事がやりにくくなってしまいます。このようなケースでは石を使わないリングのみのタイプか、石を埋め込むタイプの結婚指輪が相手に喜ばれます。